[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 杉田祐一、217キロサーブ避ける珍事も金星 世界16位撃破「米国NO1に衝撃与える」

杉田祐一、217キロサーブ避ける珍事も金星 世界16位撃破「米国NO1に衝撃与える」

男子シングルス世界ランク46位の杉田祐一(三菱電機)が、ウェスタン&サザン・オープン1回戦で同16位のジャック・ソック(米国)を7-5、6-4のストレートで金星を手にした。地元アメリカ勢の最高ランカー撃破に、ATPワールドツアー公式サイトも「スギタがシンシィでアメリカのナンバーワンに衝撃を与える」と特集している。

W&Sオープン1回戦で地元米国のソックをストレート撃破…ATP公式も特集

 男子シングルス世界ランク46位の杉田祐一(三菱電機)が、ウェスタン&サザン・オープン1回戦で同16位のジャック・ソック(米国)を7-5、6-4のストレートで金星を手にした。地元アメリカ勢の最高ランカー撃破に、ATPワールドツアー公式サイトも「スギタがシンシィでアメリカのナンバーワンに衝撃を与える」と特集している。

 6月のアンタルヤ・オープンで自身ツアー初優勝を果たした杉田の実力は本物だった。

 迎え撃った24歳ソックは今大会第13シードで登場。米国人選手としては世界ランキング最上位の16位で、3月のパリバ・オープン準々決勝では錦織圭(日清食品)を撃破し、準決勝進出を果たしていた。しかし、シンシナティで実現した初対決で強さを見せたのは杉田だ。

 ファーストサービスの確率は52%だったものの、サービスエースは7回奪い、ソックの5回を上回った。試合中には相手の135マイル(約217キロ)のあまりに強烈なサーブに思わず避けてしまう珍事がATPツアー公式中継サイト「テニスTV」で紹介されたが、それでも相手のサービスゲームを4回ブレークに成功し、1時間32分で強敵を下した。

 昨年大会では現在、昇り竜の勢いを見せるアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を撃破。3回戦でミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に敗れたものの、地力を見せつけていた。

 錦織のみならず、ロジャー・フェデラー(スイス)、アンディ・マレー(英国)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)ら実力者が続々と欠場を発表した今大会。ホスト国のNO1選手を撃破する「衝撃」を残した28歳は、シンシナティで熱い旋風を巻き起こすことができるだろうか。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー