[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山、2位なのに一番遅くまで練習 驚きの声「この男だけ、まだ練習している…」

松山、2位なのに一番遅くまで練習 驚きの声「この男だけ、まだ練習している…」

海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第3日は12日(日本時間13日)、首位タイから出た松山英樹(レクサス)が1バーディー、3ボギーの「73」でスコアを2つ落とし、通算6アンダー。首位のケビン・キスナー(米国)の1打差の2位タイと好位置をキープした。しかし、松山はラウンド後、最も遅くまで練習を重ねたという。欧州ツアー公式ツイッターが夕日が沈む中、パットを練習している写真を紹介した。

1打差2位で3日目終了も居残り練習、欧州ツアー公式ツイッターが紹介

 海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第3日は12日(日本時間13日)、首位タイから出た松山英樹(レクサス)が1バーディー、3ボギーの「73」でスコアを2つ落とし、通算6アンダー。首位のケビン・キスナー(米国)の1打差の2位タイと好位置をキープした。しかし、松山はラウンド後、最も遅くまで練習を重ねたという。欧州ツアー公式ツイッターが夕日が沈む中、パットを練習している写真を紹介した。

 この男には「満足」という言葉は、存在しないのだろうか。

 松山は18ホールを終えた後、さらに練習を重ねていた。欧州ツアー公式ツイッターはラウンド後、「この男だけ、まだ練習している…」と驚いた様子で速報。掲載した画像には、松山がクラブを持って構えを取っているシーンが背後から収められている。そして、松山を覆う空はすでに夕日が沈んだ様子で、今にも闇が訪れそうな気配だ。

 誰よりもホールに残った居残り練習を繰り返している様子の松山。この日は我慢のゴルフとなった。

 1番パー4でいきなりボギーを叩いた。しかし、その後はパーでしのぐと、7番パー5で初バーディー。前半をイーブンパーで折り返した。後半は12、13番で連続ボギーとなったが、以降はパーを拾い続け、首位と1打差の2位タイとメジャー初Vを射程圏に入れながら、第3日を終えた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー