[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

崩れない松山、「林からの大脱出」にファン大歓声「マツヤマが林を通り抜けた」

海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第3日は12日(日本時間13日)、首位タイから出た松山英樹(レクサス)が1バーディー、3ボギーの「73」でスコアを2つ落とし、通算6アンダー。2位タイに後退したが、首位のケビン・キスナー(米国)に1打差と好位置キープの要因となったのは、大崩れしなかったこと。9番では第1打で林へ打ち込みながら「スーパーリカバリー」で脱出。「PGA of America」は「マツヤマが林を通り抜けた」と動画付きで称賛し、反響を呼んでいる。

逆転Vの夢つないだ“スーパーリカバリー”に反響「ヒデキはもう困難を乗り越えたのか?」

 海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第3日は12日(日本時間13日)、首位タイから出た松山英樹(レクサス)が1バーディー、3ボギーの「73」でスコアを2つ落とし、通算6アンダー。2位タイに後退したが、首位のケビン・キスナー(米国)に1打差と好位置キープの要因となったのは、大崩れしなかったこと。9番では第1打で林へ打ち込みながら「スーパーリカバリー」で脱出。「PGA of America」は「マツヤマが林を通り抜けた」と動画付きで称賛し、反響を呼んでいる。

 崩れそうでも、崩れない。それが、今の松山の強さだ。

 その象徴となったのは、9番パー4の“林からの大脱出”だ。第1打を左に曲げ、林の中に打ち込んだ。前半最終ホールにして絶体絶命のピンチ。ここまで1バーディー、1ボギーのイーブンパーで迎えており、なんとしてもここで崩れるのは避けたいところ。しかし、日本が世界に誇る25歳はここから圧巻のプレーを見せる。

 林の中からすぐ2~3メートル背後をギャラリー囲まれるような形で2打目へ。足場も安定しない中、綺麗なフォームでアイアンを振り抜いた。すると、ボールはグリーン方向へ向かい、観客から歓声と拍手。グリーンにこそ届かなかったが、見事に林を脱出し、第3打のアプローチでピン横4メートルの位置へ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集