[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、WBSS後の動向に海外注目 英元王者は持論「優勝すればSB級に転向する」

ボクシングのWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝は11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催される。頂上決戦後のモンスターの動向に注目が集まる中、元IBF王者のポール・バトラー(英国)は「スーパーバンタム級に転向すると思う」と持論を展開している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

元IBF王者ポール・バトラーがWBSS後を展望「優勝するタイミングでどうなるか」

 ボクシングのWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝は11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催される。頂上決戦後のモンスターの動向に注目が集まる中、元IBF王者のポール・バトラー(英国)は「スーパーバンタム級に転向すると思う」と持論を展開している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 英ボクシング専門メディア「ボクシング・ソーシャル」の公式ツイッターに登場したバトラー。現在IBF同級3位で、かつての世界王者もバンタム級の盟主の動向に注目していた。

「間違いなくIBFではいい順位につけている。イノウエが(WBSSで)優勝するタイミングにどうなるか見てみたい。イノウエは優勝すれば、間違いなくスーパーバンタム級に転向すると思うんだ」

 バンタム級戦線での展望に対する質問を受けたバトラーは、WBSS準決勝でエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)からIBFのベルトを奪った井上がWBSS制覇後に122パウンドの世界で4階級統一王者を目指すと分析していた。

 以前から、井上自身は転級について「無理やり上げることはない。適正階級でやるのが一番」と強調してきたが、すでに2団体のベルトを手にした無敵のモンスターが転向となれば、バンタム級の勢力図は一気に激変することになる。

「だからIBFタイトルの順番待ちになる」。バトラーは井上が返上後のIBFタイトル獲得への道のりに思いを馳せていた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集