[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、19得点、9リバウンドで強さ発揮 渡邊らと“ビッグ3”競演も87-104で敗戦

バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は14日、同38位のニュージーランド代表との強化試合(カルッツ川崎)を行い、米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁がSFで先発出場。八村が19得点を挙げるなど、日本の誇る“ビッグ3”が競演したが、日本は87-104で敗れた。

SFで先発出場した八村塁【写真:荒川祐史】
SFで先発出場した八村塁【写真:荒川祐史】

八村は国内凱旋2試合目、渡邊雄太が右足負傷から復帰

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は14日、同38位のニュージーランド代表との強化試合(カルッツ川崎)を行い、米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁がSFで先発出場。八村が両軍最多の19得点、9リバウンドを記録するなど、日本の誇る“ビッグ3”が競演したが、日本は87-104で敗れた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 八村、渡邊雄太、ファジーカス・ニック、篠山竜青、田中大貴が先発。NBAグリズリーズとツーウェー契約を結ぶ日本人2人目のNBAプレーヤー・渡邊は、この日からメンバー入りし、右足首負傷から復帰。身長203センチの八村、206センチの渡邊、210センチで元NBAプレーヤーのファジーカスの“ビッグ3”が競演を果たした。

 夢のメンバーにファンから拍手が巻き起こる。第1クォーター(Q)開始43秒で八村が得点。1分37秒には、ファジーカスからパスを受けた渡邊がミドルレンジからシュートを決めて、コンビネーションの良さを発揮した。

 八村はディフェンスリバウンドで自らボールを奪うと、そのまま攻め込んで得点。だが、チームは全体的にゴール前でボールを失うシーンが多く、42-61で前半を折り返した。八村は出場12分59秒で11得点、5リバウンド、1ブロック。渡邊は6得点、ファジーカスは7得点を挙げ、ビッグ3で24得点。3人の融合はまずまずだった。

 第3Qは八村、ファジーカス、比江島慎、篠山、馬場雄大でスタート。八村がリバウンドで随所に強さを見せる。じわじわと点差を縮め、48-68の残り8分39秒から約4分間は相手に得点を許さなかった。63-72の残り4分53秒で八村はベンチへ。前戦でメンバーから外れたPG安藤誓哉がゲームを作って奮闘し、一時は8点差まで詰めたが、70-84で第4Qに入った。

 第4Qは安藤誓、安藤周人、竹内譲次、田中、シェーファー・アヴィ幸樹で開始。75-88の残り7分24秒で八村が入ると、得意のゴール下で起点となった。日本はリバウンドからのカウンターで好機を作る。八村は残り3分39秒で鮮やかな3ポイントシュートを決め、集まったファンを沸かせた。

 チームは今後の強化試合として、22日にアルゼンチン戦、24日にドイツ戦、25日にチュニジア戦(いずれもさいたまスーパーアリーナ)を予定。31日開幕(中国)のW杯1次リーグでは9月1日にトルコ、3日にチェコ、5日に米国と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集