[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • おしゃれヒール、反転ボレー、絶妙トラップ! G大阪―広島、美技と美技が激突

おしゃれヒール、反転ボレー、絶妙トラップ! G大阪―広島、美技と美技が激突

サッカーJ1第21節は9日、G大阪が広島戦(Eスタ)に2-2で引き分けた。勝ち点1を分け合ったが、互いに美技で激突。Jリーグ公式Youtubeチャンネルで紹介され、反響を呼んでいる。

夏のスタジアムを沸かせた技の競演、試合は2-2で勝ち点1を分け合う結果に

 サッカーJ1第21節は9日、G大阪が広島戦(Eスタ)に2-2で引き分けた。勝ち点1を分け合ったが、互いに美技で激突。Jリーグ公式Youtubeチャンネルで紹介され、反響を呼んでいる。

 試合を動かしたのは広島だ。前半15分、後方からの浮き球をペナルティエリア外の中央で受けたFWアンデルソン・ロペスは左足で絶妙なトラップ。ワンタッチで反転すると、そのまま左足を振り抜き、ゴール右に鮮やかなミドルを突き刺した。ワンタッチでシュート態勢に持ち込む技ありの美技で先制点に結び付けた。

 しかし、G大阪も負けていない。後半。ゴール前左サイドの細かいパスの展開から、MF今野がルーレット風にターンしながらヒールでワンタッチスルーパス。左サイドのDF藤春に送ると、グラウンダーのクロスにMF遠藤が合わせた。おしゃれなヒールパスからゴールが生まれ、同点ゴールにつないだ。

 その後、G大阪がPKでリードを奪い2-1で迎えた後半42分、広島が土壇場でスコアをタイに戻す。MF柴崎晃誠が味方のロングフィードに絶妙なトラップを披露し、左サイドからクロスを送ると、これに再びロペスが反応。冷静にゴールネットへと流し込んだ。試合はそのまま2-2の引き分けで終了。勝ち点1を分け合う形となったが、両チームともに巧みな技で夏のスタジアムを沸かせ、大きな盛り上がりを見せた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー