[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「前回より間違いなく強くなっている」 ジェイミージャパンを最も知る男が語る根拠

薫田真広氏が注目する日本代表選手とは【写真:吉田宏】
薫田真広氏が注目する日本代表選手とは【写真:吉田宏】

愛弟子リーチ主将への思い「今の代表の中で、やはりリーチが適材」

 このチームが、日本大会で決勝トーナメント進出という悲願を達成するために、薫田氏が注目する選手が主将のFLリーチ・マイケル(東芝)だ。まず、同氏が指摘するのは、ジョセフ・ジャパンがどのようなチーム作りをしているかだ。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

「今回のチームの作り方は、4年前のチームと大きく異なる。エディーのときは、すべてトップダウン。でも、ジェイミーはリーダーの働きを重視しています。その中でキーになるのが主将のリーチです」

 練習前後に行われるミーティングも、エディー・ジョーンズ前HC時代は指揮官からの指示がすべてだったが、ジョセフHCは通常のミーティングに加えて、リーダー勢を中心とした選手だけのミーティングを導入。メンバーに自主性を求めた結果、いまやコーチ陣の指示がなくても、選手たちが個々に集まり問題点を指摘し合ったり、改善策を討議するようになった。

 キーマンに挙げたリーチ主将は、薫田氏にとっては師弟の仲だ。U20日本代表、東芝と同じチームで戦ってきた。

「いまの代表メンバーの中で、主将としては、やはりリーチが適材だと思いますね。ポジション的にもFW第3列がいいと思うし、アイツが日本で育ったというのも重要。これだけ外国人のコンバインドのチームになると、英語も日本語もしゃべれて、絶対的なリーダーという存在が必要だと思います。もちろん前回の経験も重要ですし、ここ数年間をみると、大きなゲームほどリーチのパフォーマンスは上がっている」

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集