[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ボルト100mで3位も称賛の声多数「地球史上最速の男」「いつまでも史上最高」

ボルト100mで3位も称賛の声多数「地球史上最速の男」「いつまでも史上最高」

英ロンドンで行われている陸上の世界選手権男子100メートル決勝で“人類最速の男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が9秒95の3位に終わった。ジャスティン・ガトリン(米国)が9秒92で優勝。2位には同じ米国のクリスチャン・コールマンが9秒94で入り、現役引退を表明している30歳の世界記録保持者は銅メダルに終わった。

世界陸上男子100m決勝で3位に、優勝のガトリン「彼は真っ先に祝ってくれた」

 英ロンドンで行われている陸上の世界選手権男子100メートル決勝で“人類最速の男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が9秒95の3位に終わった。ジャスティン・ガトリン(米国)が9秒92で優勝。2位には同じ米国のクリスチャン・コールマンが9秒94で入り、現役引退を表明している30歳の世界記録保持者は銅メダルに終わった。

 スタートで出遅れたボルトは終盤に向けて懸命に追い上げたが、最後の伸びが足りず、好スタートを切ったコールマンに100分の1秒及ばなかった。一方、35歳のガトリンは終盤に驚異的な追い上げを見せ、トップでフィニッシュ。過去にドーピングによる出場停止を経験しているガトリンにはレース後、ブーイングが沸き起こる場面もあったが、ボルトはガトリンを抱擁して祝福した。

 レース結果を速報した英BBC電子版は「2017年ワールドチャンピオン:ウサイン・ボルトが100メートル決勝でジャスティン・ガトリンに敗れる」との見出しで記事を掲載し、「ボルトは最後の個人100メートルで銅メダルを獲得した。別れのシーズンで不振に陥っているにもかかわらず、ボルトはいまだ優勝候補だった」とレポート。記事の中でガトリンは「ボルトの最後のレースなんだ。素晴らしい機会だよ。僕たちはライバルだ、でもウォームダウンエリアでは、ジョークを言ったり、いい時間を過ごしたよ。彼は真っ先に僕を祝ってくれたんだ。そして、ブーイングをするべきではなかったと言った。彼は素晴らしいよ」とコメントした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー