[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悲しみを乗り越えて― フェデラーをレジェンドに変えた“若き日の自分”との決別

指導を受けたカーター氏が他界、悲しみを乗り越えて翌年にウィンブルドン初制覇

 ロウ氏は「あんなエネルギーで無茶をする人間を私は2度と見ることはないだろう」と少年フェデラーを評したが、生まれ変わるきっかけは突然やってきた。

 フェデラーが21歳となった2002年。9歳から18歳まで指導を受けたオーストラリア人コーチのピーター・カーター氏が交通事故に遭い、37歳の若さで他界したのだ。

「フェデラーは打ちひしがれた。これがフェデラーを信じられないほど急速に成長させた。なぜなら、それまで彼は死について考えることがなかったんだ。彼は一度立ち止まった。悲嘆に対応するために、長い時間を要したんだ。ともに旅をし、毎日顔をあわせて自分が熟知する大切な人間だったからね。フェデラーにとっては大きな痛手になったが、悲しみを乗り越えることでフェデラーは少年から大人になったんだ」

 ロウ氏はフェデラーが「少年」から「大人」になった過程について、このように証言している。

 苦楽をともにした恩師との別れ――。それはラケット破壊などの“悪童”の自分との決別でもあった。そして、カーター氏の事故から1年後、フェデラーはウィンブルドンを初めて制し、グランドスラム初勝利を手にしている。

 若き日に味わった悲しみとそれを乗り越えた自信。その2つがレジェンドに上り詰めた根源にあり、今もフェデラーを支えているのは間違いないだろう。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The AnswerDAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集