[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

受け継がれた天才フットボーラーのDNA 息子の一撃に父親歓喜「この瞬間に値する」

サッカーのUEFAヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦、ディナモ・ブカレスト(ルーマニア1部)―アスレティック・ビルバオ(スペイン1部)の第1レグで時代の推移を感じさせるゴールが生まれた。かつてブラジル代表で10番を背負ったレフティーの息子が、約25メートルの距離から豪快なミドルシュートを突き刺し、話題となっている。

元ブラジル代表10番リバウドの息子、リバウジーニョの25メートル弾丸ミドル炸裂

 サッカーのUEFAヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦、ディナモ・ブカレスト(ルーマニア1部)―アスレティック・ビルバオ(スペイン1部)の第1レグで時代の推移を感じさせるゴールが生まれた。かつてブラジル代表で10番を背負ったレフティーの息子が、約25メートルの距離から豪快なミドルシュートを突き刺し、話題となっている。

 父親から息子へ――。その才能は受け継がれ、ひとつの結果となって表れた。

 まさに「弾丸」のようなシュートを放ったのは、ブカレストに所属する22歳のMFリバウジーニョだ。

リバウジーニョは、かつて“左足の魔術師”と恐れられ、ブラジル代表の10番も背負った名手リバウドの息子。スペインの名門バルセロナでその名を世界に轟かせ、1999年にはヨーロッパ年間最優秀選手に贈られるバロンドールを受賞した偉大な父親に負けじと輝きを放った。

 27日のEL予選3回戦の第1レグに後半から出場。1点ビハインドで迎えた後半9分、リバウジーニョは敵陣でボールを拾うと、そのままドリブルを開始。相手DFがゴール前への侵入を防ごうと身構えるなか、およそ25メートルの距離から右足を一閃し、強烈なシュートをゴール左隅に突き刺した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集