[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は猛攻受けても心配なし!? 元2階級制覇王者が絶賛「これまで見た限りは…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。かつてドネアと対戦し、下したことがある元2階級制覇王者カール・フランプトン(英国)は井上について規格外のパワーと基礎技術の高さを称賛している。米ボクシング専門誌「リング」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

米リング誌特集でフランプトンが登場「ロドリゲス戦は最高のパフォーマンス」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。かつてドネアと対戦し、下したことがある元2階級制覇王者カール・フランプトン(英国)は井上について規格外のパワーと基礎技術の高さを称賛している。米ボクシング専門誌「リング」が報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 日本人ボクサー史上初めて「聖書」と呼ばれるリング誌の単独表紙を飾った井上。登場2度目となった9月号は漫画「はじめの一歩」作者・森川ジョージ氏の描いたイラストという待遇となったメイン特集は「モンスター創造論」。名トレーナー、世界王者、同階級ライバルの井上評を紹介しているが、スーパーバンタム級とフェザー級で2階級制覇王者となったフランプトンも登場した。

 18年にはドネアを判定で下したこともある元世界王者は、井上の「パワー」の項目で持論を展開している。

「イノウエのパワーは衝撃的だが、そのパンチは正確かつ的確だ。ショットの距離感がいい。彼はバイオメカニクスの面でも完璧だ。リングサイドで(ロドリゲスKO劇を)観戦していた。私が実際に見た中でも、ロドリゲス戦勝利は最高のパフォーマンスの一つ。あれは凄い声明文のようなものだったけど、素晴らしかったよ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集