[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タカマツ、快勝発進 五輪連覇へ他競技からも刺激「難しいことを成し遂げたい」

バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」は、24日に第2日を行い、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は、2-0(21-13、21-13)でクロエ・バーチ、ローレン・スミス組(イングランド)を破って2回戦進出を決めた。

危なげなく1回戦を突破した高橋礼華、松友美佐紀組【写真:平野貴也】
危なげなく1回戦を突破した高橋礼華、松友美佐紀組【写真:平野貴也】

前週の疲労残すも危なげなく1回戦突破

 バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」は、24日に第2日を行い、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は、2-0(21-13、21-13)でクロエ・バーチ、ローレン・スミス組(イングランド)を破って2回戦進出を決めた。ミスで失点する場面もあったが、一貫して主導権を握る安定した展開。最後は、高橋がプッシュで決めてストレートで勝利した。高橋は「欧州の選手は、パワーがある印象だけど、レシーブの場面でも引かずにスペースを見つけて配球できたと思う」と試合の手ごたえを語った。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 前週のインドネシアオープンは、準優勝。現地入りした後、2回戦を行った18日から発熱などの症状が現れ、体調不良に陥ったという。高橋は「まさか決勝まで行くとは思っていなかったけど、良い具合に力が抜けたのかもしれない」と苦笑いで振り返った。まだ完全復調には至っていないというが、前週の疲労もある中、1回戦は危なげなく勝ち上がった。

 ケガとの付き合い方や体調管理、年齢による変化への対応も戦いの要素。その中で試合に出続け、勝ち続けなければならないタフなレースの先にしか、東京五輪は、見えてこない。

 先人たちが、その難しさを示している。男子体操では五輪で個人総合2連覇の内村航平(リンガーハット)が4月に全日本選手権で予選落ち。女子レスリングで五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)が世界選手権の出場をかけたプレーオフで敗れたのは、今月15日の出来事。高橋は、他競技の選手も例に上げながら「伊調さんや内村さんを見ていると、五輪の連覇とか、連続出場というのは、すごく難しいことなんだと感じる」と話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集