[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

孫楊、相次ぐ撮影拒否問題の波紋広がる 韓国紙も特集「2冠王、またのけ者にされた」

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳の競泳は、第3日(23日)の男子200メートル自由形決勝で松元克央(セントラルスポーツ)が、1分45秒22の日本新記録で銀メダルに輝いた。

孫楊は繰り上がりで金メダルも、ダンカン・スコットは写真撮影に加わらず【写真:Getty Images】
孫楊は繰り上がりで金メダルも、ダンカン・スコットは写真撮影に加わらず【写真:Getty Images】

200メートルに続き、400メートルでも表彰式で波乱、現地韓国メディアでも話題に

 世界水泳の競泳第3日は23日、男子200メートル自由形決勝で孫楊(中国)が繰り上がりで金メダルを獲得。昨年のドーピング検査での妨害疑惑が報じられている中、21日の400メートルに続く2冠を達成したが、この結果を受けて銅メダルのダンカン・スコット(英国)がメダリストの写真撮影を拒否。波乱の一幕となった。現地韓国メディアでも「またのけ者にされた」と報じている。

 今大会は孫楊を巡り、不穏な空気が漂っている。表彰式では3位のスコットが写真撮影を拒否。そんなスコットに対して、孫楊が恫喝するようなそぶりを見せるなど、記録以外の面がクローズアップされている。

 開催地韓国の日刊紙「スポーツ京郷」でも「2冠王孫楊、表彰式でまたのけ者にされた」と題して大きく報じている。

 記事では、ドーピング論争の中でスコットが写真撮影を拒否したことを伝えている。孫楊が今大会の2冠目で世界選手権の金メダルの獲得数が「11」となり、マイケル・フェルプス(米国=26個)、ライアン・ロクテ(米国=18個)、ケイティ・レデッキー(米国=14個)に次ぎ、メリッサ・フランクリン(米国)に並んだ偉業を伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集