[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

問題児ネリ、「パヤノは面倒なファイターだった」と敬意も… 最後はプラン通り強調

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦。WBCシルバータイトルがかけられた一戦は、ネリが9ラウンドKO勝ちでデビューからの連勝を30(24KO)に伸ばした。ネリは試合後、パヤノへの敬意を示しつつ、衝撃のKOシーンを回想している。

ルイス・ネリがパヤノを9回KO勝ち【写真:Getty Images】
ルイス・ネリがパヤノを9回KO勝ち【写真:Getty Images】

9回でパヤノを仕留めた試合をネリが回想

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦。WBCシルバータイトルがかけられた一戦は、ネリが9ラウンドKO勝ちでデビューからの連勝を30(24KO)に伸ばした。ネリは試合後、パヤノへの敬意を示しつつ、衝撃のKOシーンを回想している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 4団体統一、井上尚弥への挑戦状――。大きく出るだけのことはある。第9ラウンドだった。1分半。ネリはパヤノをコーナーに追い詰めると、最後は連打からの左フックをボディーに叩き込んだ。パヤノはこらえきれない。たまらず膝から崩れ落ちた。

 懸命に闘志を奮い立たせるパヤノだが、立てない。最後はキャンバスに大の字になって悶絶していた。よほどのダメージがあったのだろう。パヤノは試合後に肋骨を痛めたことを明かしていた。

 米スポーツ専門局「ESPN」によると、ネリは試合後こう振り返っている。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集