[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

問題児ネリ、左ボディでパヤノ悶絶KO 米メディア称賛続々「獰猛なボディショット」

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦。WBCシルバータイトルがかけられた一戦は、ネリが9ラウンドKO勝ちでデビューからの連勝を30(24KO)に伸ばした。元スーパー王者に苦戦しながらも、最後は強烈な左ボディーブローでキャンバスに沈めたネリ。

ルイス・ネリがフアン・カルロス・パヤノを相手に9ラウンドKO勝ち【写真:Getty Images】
ルイス・ネリがフアン・カルロス・パヤノを相手に9ラウンドKO勝ち【写真:Getty Images】

パヤノを左ボディで沈めたネリ、鮮やかなKO劇に現地メディアも興奮

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦。WBCシルバータイトルがかけられた一戦は、ネリが9ラウンドKO勝ちでデビューからの連勝を30(24KO)に伸ばした。元スーパー王者に苦戦しながらも、最後は強烈な左ボディブローでキャンバスに沈めたネリ。現地メディアがKOシーンを動画で公開。「素晴らしい」「獰猛なボディショット」などと称賛を浴びせている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 お騒がせ男ネリはやはり強かった。前半こそ老獪なパヤノの手数に苦戦したが、パワーで勝り、じわじわと追い上げ最後は9ラウンドだ。1分半。コーナーに追い詰めると、最後は連打からの左ボディーフックを叩き込んだ。こらえきれないパヤノ。たまらず膝から崩れ落ちた。

 懸命に闘志を奮い立たせるパヤノだが、立てない。最後はキャンバスに大の字になって悶絶の表情だった。

 ネリの驚異的なパンチ力を示したKOシーンに米メディアも驚きの様子だ。米ヤフースポーツのケビン・ロレ記者は「ネリがパヤノをKOした素晴らしいボディショット」と題し、FOXスポーツPBCが公開している動画を引用して驚きをツイートしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集