[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

CKのはずが…!? “誤審”から生まれた決勝点に海外物議「酷い」「衝撃的な判定だ!」

英放送局で取り上げられると、ファンからは大ブーイング

 記事によると、問題の場面についてこう説明している。

【注目】内田篤人が語る久保建英 「DAZN」番組未公開シーン公開「自分の覚悟は欲しい」

「ボールをクリアした後、副審のコリー・ロックウェルはコーナーフラッグへ、旗を下方に向けている。コーナーキックのシグナルだ」と伝えつつ、レフェリーのアラン・ケリーにシティの選手が抗議、主審と副審が審議したが、ゴールは覆らなかったと説明したという。

 また「FOXスポーツ1」の放送によると、ロックウェルはコーナーの判定を下したが、主審が判断を覆したとも伝えている。

 英スカイスポーツも公式インスタグラムに動画付きで脚光。「ゴールか、ノーゴールか」と呼びかけると、目の当たりにしたファンからは批判の声が続出している。

「これはコーナー。ゴールにするべきではない」
「酷い審判だ」
「ようこそMLSへ」
「明らかにノーゴール」
「ノーゴール! 衝撃的な判定だ!」
「アメリカだけ」

「ゴールだ」という声はごく少数派だった。Jリーグも含め、各地で起きる誤審問題。特に勝負を分けてしまう場面では、後味の悪さが残ってしまうのは間違いない。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集