[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

CKのはずが…!? “誤審”から生まれた決勝点に海外物議「酷い」「衝撃的な判定だ!」

米メジャーリーグサッカー(MLS)でのとんでもないプレーが物議をかもしている。副審がコーナーキックを支持しているにも関わらず、スローインで試合を再開。しかもこのプレーが決勝点につながった。海外メディアが一部始終を動画で公開。ファンを呆れさせている。

ニューヨーク・レッドブルズのダニエル・ロイヤー【写真:Getty Images】
ニューヨーク・レッドブルズのダニエル・ロイヤー【写真:Getty Images】

CKの判定がスローインで再開、決勝点につながるプレーが物議醸す

 米メジャーリーグサッカー(MLS)でとんでもないプレーが物議をかもしている。副審がコーナーキックを指示しているにも関わらず、スローインで試合を再開。しかも、このプレーが決勝点につながった。海外メディアが一部始終を動画で公開。ファンを呆れさせている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 問題のシーンは14日(日本時間15日)のニューヨーク・レッドブルズと、ニューヨーク・シティのNYダービーで起きた。1-1の後半15分。右サイドライン沿いでシティの選手がボールをクリアした。副審は旗を下へ向け、CKを指示。しかし、レッドブルズの選手は気づいていないのか、スローインですぐさまリスタートしたのだ。

 ボールをつなぎ、クロスボールから最後はダニエル・ロイヤーがこの日2点目となるヘディング弾でゴールネットを揺らした。喜びを爆発させる、レッドブルズイレブン。しかし、当然、シティ側は納得がいかない。本来はCKから再開されるべきプレーのはずだった。身振り手振りで主審に猛抗議する。得点を決めたロイヤーも、喜びつつもどこか不可解な表情だ。

 しかし、判定は覆らず、決勝点が認められた。

 このシーンを米スポーツ専門局「ESPN」が「レッドブルズが物議を醸したダービーを制す、シティは憤怒」の見出しで特集。事の顛末を伝えている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集