[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、米専門記者が「世界最高パンチャー」と言い切るワケ「全て考慮した結果だ」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突する。海外メディアやファンから評価されるモンスターについて、米ボクシング専門メディアも「全てを考慮してボクシング界最高のパンチャー」と絶賛している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

最強格付け2位に選出した「ボクシングシーン.com」のQ&A企画に登場

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突する。海外メディアやファンから評価されるモンスターについて、米ボクシング専門メディアも「全てを考慮してボクシング界最高のパンチャー」と絶賛している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 読者とのQ&A企画を行ったのはボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」だ。質問では、完璧なボクサーを作り上げるとしたら頭脳、口喧嘩、顎の強さ、ボディショットなどの各能力はどの選手が当てはまるかと考え、「パワー」部門に井上を選出。読者の“夢の妄想”に答える形で、同調したのはスティーブン・エドワーズ記者だった。

「モンスター・イノウエがボクシング界最高のパンチャーであることは私も同意する。全てを考慮した結果だ。ブローの強度、テクニック、ブローの軌道、シャープさ、正確さ、両手の攻撃力、最高のショットを着弾させる能力、そして、結果。イノウエが世界最高のパンチャーだ」

 エドワーズ記者はモンスターの左右のブローの全てのクオリティを高く評価。「世界最高のパンチャー」とまで言い切っていた。同メディアでは最新のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で井上を2位に位置付けており、最もモンスターを高く評価している海外メディアの一つだ。その要因は、圧倒的なパンチャーぶりにあるのかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集