[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、拳四朗との舞台裏の“すごく笑顔”の1枚に反響「サイコーなお二人」

ボクシングのWBC世界ライトフライ級タイトルマッチが、12日にエディオンアリーナ大阪で行われ、王者・拳四朗(BMB)が同級1位の指名挑戦者ジョナサン・タコニン(フィリピン)に4回1分0秒TKO勝ちで6度目の防衛に成功した。試合後にインスタグラムを更新。同日にWBA世界ミドル級タイトルマッチでベルトを奪い返した村田諒太(帝拳)との2ショットを公開している。

WBA世界ミドル級のベルトを奪還した村田(左)【写真:Getty Images】
WBA世界ミドル級のベルトを奪還した村田(左)【写真:Getty Images】

2人の主役が試合後の2ショット公開

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級タイトルマッチが、12日にエディオンアリーナ大阪で行われ、王者・拳四朗(BMB)が同級1位の指名挑戦者ジョナサン・タコニン(フィリピン)に4回1分0秒TKO勝ちで6度目の防衛に成功した。試合後にインスタグラムを更新。同日にWBA世界ミドル級タイトルマッチでベルトを奪い返した村田諒太(帝拳)との2ショットを公開している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 鮮やかなTKOで6度目の防衛に成功した拳四朗。試合後にはインスタグラムに、この日のメーンイベンターとの1枚を公開した。

 黒いTシャツ姿で笑顔を浮かべる拳四朗の横には、村田の姿があった。334秒でリベンジに成功した村田だったが、その顔には激闘の痕が残る。頬と顎にははっきりとした傷があるが、満面の笑みで拳四朗の肩を抱き、ファイティングポーズを作っている。共に大阪のファンを盛り上げた2人の主役。充実感たっぷりの表情だ。

 拳四朗は「皆様応援ありがとうございました。無事4RKOで勝つことができました!! 村田さんと写真撮ってもらった。すごく笑顔」と記し、2ショットを投稿。ファンからは「おめでとう!」という祝福の声と、さらには「可愛い顔してやるねぇ」「サイコーなお二人」「笑顔ツーショット見られて良かった」「お二人とも最高の笑顔」などと反響の声が書き込まれていた。

 奈良県出身の村田、京都府出身の拳四朗。関西出身の2人が7月12日、大阪のリングで最高の思い出を作った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集