[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、前半戦53戦で14発 “打者・大谷”を指揮官絶賛「私の期待を超えている」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地アストロズ戦に5試合連続スタメン出場し、3回の第2打席で看板直撃の14号2ランを放つなど、6打数1安打2打点。チームは最大で5点のリードを奪いながらも、延長10回、10-11でサヨナラ負けした。前半戦最終戦を白星で飾ることはできなかったが、大谷はぐんぐん調子をあげて前半戦を終えた。指揮官は「私の期待を超えている」と高く評価している。

14号2ランを放った大谷翔平【写真:AP】
14号2ランを放った大谷翔平【写真:AP】

前半戦ラストは看板直撃の14号弾、地元紙が前半戦を特集

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地アストロズ戦に5試合連続スタメン出場し、3回の第2打席で看板直撃の14号2ランを放つなど、6打数1安打2打点。チームは最大で5点のリードを奪いながらも、延長10回、10-11でサヨナラ負けした。前半戦最終戦を白星で飾ることはできなかったが、大谷はぐんぐん調子をあげて前半戦を終えた。指揮官は「私の期待を超えている」と高く評価している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 前半戦の最終ゲーム、敵地の夜空に特大の花火を打ち上げた。3回1死三塁、ウルキディの初球、甘く入ってきた91マイル(約146キロ)直球を見逃さなかった。完璧にとらえると、打球は高々と舞い上がり、左中間席の上方にある看板を直撃。一時は勝ち越しとなる14号2ランだった。

 打者に専念した今季、前半戦は53試合出場で打率.303、14本塁打、38打点、OPS.924と上々の数字を残した。カリフォルニアの地元紙「プレス・テレグラフ」でも「ショウヘイ・オオタニが好調に前半戦を締めくくる」と見出しを打って特集している。

 記事では、オールスターブレイクに入る前の24試合で打率.381、8本塁打と特に6~7月にかけて打ちまくったことを紹介。さらに「彼(大谷)がシーズンに入ってちょうど2か月、ショウヘイ・オオタニはブラッド・オースマスが期待していなかったものを見せている」と指揮官の期待以上の活躍だったとしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集