[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

筋トレ系YouTuberは教科書になる? 体作りにあふれる“ネット情報”真偽の見分け方

「THE ANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお応えする。14限目のお題は「ネットにあふれるボディメイク法の真偽の見分け方」について。

ネットの情報の真偽を見分けるには?
ネットの情報の真偽を見分けるには?

連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』14限目」

「THE ANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお応えする。14限目のお題は「ネットにあふれるボディメイク法の真偽の見分け方」について。

 ◇ ◇ ◇

 Q.自己流でトレーニングをしているので、結構、ネットでボディメイクの方法を検索しています。ネットの情報は怪しい内容も多いのですが、真偽の見分け方ってありますか?

 先日、テレビ番組でよく共演する方から、「プランクで上腕三頭筋って鍛えられるんですか?」と質問されました。「鍛えられませんが、どうしてですか?」と聞くと、「ちょうど、鍛えたいと思ったときにネットで検索したら、そう書いてあったんだよね」と。彼は専門とする業界ではトップランナーといえる方です。情報リテラシーも高いはずなのに、全くの異業種の情報、この場合は筋トレですが、初歩的な内容の情報でも真偽の見分けがつかないのだなと、改めて驚きをもって感じました。

 私はネット上にあふれる体に関する怪しい情報を、いったい誰が信じるのか? と常々、思っていました。しかし、このことをきっかけに、ネットにあふれる玉石混合の情報から、一般の方が真偽を見分けられないのは仕方がないことなのだ、と感じたのです。

 私もボディメイク関係のSNSはよく見ていますが、正直、“絶対に間違いない”という真偽の判断基準を一般の方が持つことはできないと思います。まず専門的に勉強をすること。そして、さらに学術論文検索の方法や、論文の読み方を習得すれば判断基準を持つことは可能ですが、これはもう超専門家です。

 一般の方にとって比較的、判断基準になるといえることは、私の中では今のところ2つです。

1 2 3

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集