[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、デビュー戦のリアルな評価は? 米記者直撃「スタッツに見えない部分大事」

米プロバスケットボール(NBA)のサマーリーグは6日(日本時間7日)に米ラスベガスで行われ、NBAドラフト1巡目全体9位でウィザーズから指名された八村塁が、ペリカンズ戦で実戦デビュー。14得点、5リバウンド、1アシスト、2ブロックで84-79の勝利に貢献した。記念すべきデビュー戦を、NBA取材歴20年、ウィザーズ取材6年間という地元の熟練記者は「Rui Hachimura」をどう見たのか。デビュー戦を取材した「THE ANSWER」編集部が直撃した。

ペリカンズ戦で実戦デビューした八村塁【写真:Getty Images】
ペリカンズ戦で実戦デビューした八村塁【写真:Getty Images】

元ウィザーズ番記者は八村のデビュー戦をどう見た?

 米プロバスケットボール(NBA)のサマーリーグは6日(日本時間7日)に米ラスベガスで行われ、NBAドラフト1巡目全体9位でウィザーズから指名された八村塁が、ペリカンズ戦で実戦デビュー。14得点、5リバウンド、1アシスト、2ブロックで84-79の勝利に貢献した。記念すべきデビュー戦を、NBA取材歴20年、ウィザーズ取材6年間という地元の熟練記者は「Rui Hachimura」をどう見たのか。デビュー戦を取材した「THE ANSWER」編集部が直撃した。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「今日は14ポイントを挙げた。だが、16本シュートを打っているので、有効性という面で言えば、決して褒められたものではない」

 こう語ったのは米地元紙「インディ・スター」のJ・マイケル・ファルゴースト記者だった。ここ2年間はペイサーズの番記者を務めているが、その前の6年間はウィザーズの番記者だった。

「ウィザーズのことは何でも知っているよ。間違いない」と語る熟練は、フィールドゴール16回で6度成功、成功率37.5パーセントだった八村の決定力に苦言を呈していた。

 イージーシュートをミスしたことを試合後に悔やんでいた八村だが、ファルゴースト記者は得点などのスタッツに大きな意味はないと語る。

「だが、これはサマーリーグ初戦。彼はプレーによく関与していた。彼のようなルーキーにとって、最も大事なことはタイムアウト毎にプレーの質を向上させることだと思う。次の試合では14得点を記録できないかもしれない。4点かもしれないし、6点に終わるかもしれない。スタッツを見て、目が飛び出るほど驚くこともあるかもしれない。だが、スタッツシートで表現できない部分が大事なんだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集