[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 名門サッカークラブがまさかの“壁11人”形成 珍シーンにファンも驚愕「見事な渋滞」

名門サッカークラブがまさかの“壁11人”形成 珍シーンにファンも驚愕「見事な渋滞」

欧州サッカー各国リーグは新シーズンの開幕を控え、負荷の高いトレーニングやプレシーズンマッチを行い、日々汗を流している。そんな中、オーストラリアで行われた試合で、フリーキックの壁にGKとフィールドプレーヤーの全11人が並ぶ極めて珍しいシチュエーションが発生。SNS上で動画が公開されると、ファンからは「見事な渋滞」といった驚きの声が挙がっている。

アーセナルがFK献上にとった行動は…出場選手全員が一列に整列も失点

 欧州サッカー各国リーグは新シーズンの開幕を控え、負荷の高いトレーニングやプレシーズンマッチを行い、日々汗を流している。そんな中、オーストラリアで行われた試合で、フリーキックの壁にGKとフィールドプレーヤーの全11人が並ぶ極めて珍しいシチュエーションが発生。SNS上で動画が公開されると、ファンからは「見事な渋滞」といった驚きの声が挙がっている。

 目を疑うような光景が広がったのは、15日に行われたオーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)と、プレミアリーグに所属する世界的名門クラブであるアーセナルによるテストマッチ。アーセナルが3-0とリードした後半10分すぎのことだった。

 アーセナルのGKエミリアーノ・マルティネスがゴールエリア内でバックパスをキャッチし、WSWにFKを献上してしまう。キックポイントはゴールからおよそ6メートルしか離れていない超至近距離。絶体絶命のピンチに、アーセナルは選手が次々とゴール前に集結する。2人、3人と徐々に増えていき、最終的に試合に出場している全11人がゴールライン上に一列に並び、“赤い壁”を築き上げた。

 いわば「奇策」とも言える“全員守備”で失点を防ぎにかかったが、しかし――。

 キッカーを務めたWSWのMFスティーブン・ラスティカが味方のショートパスに合わせて右足を一閃したシュートは、GKマルティネスの横をすり抜けてゴール方向へ。壁のDFナチョ・モンレアルに当たって一度は防いだものの、そのこぼれ球をすかさずラスティカに押し込まれ、失点を喫してしまった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー