[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パッキャオ、前座ネリ戦も…「7.20」ラスベガス4試合は薬物検査せず「理由は不透明」

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位のルイス・ネリ(メキシコ)は7月20日に同4位のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)とラスベガスで対戦するが、同日に同会場で行われる計4試合がVADA(ボランティア・アンチドーピング機構)の薬物検査の対象から外れることが確定。米メディアが報じている。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

米メディアが報道、同日はパッキャオ―サーマン、ネリ―パヤノなど4試合を予定

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位のルイス・ネリ(メキシコ)は7月20日に同4位のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)とラスベガスで対戦するが、同日に同会場で行われる計4試合がVADA(ボランティア・アンチドーピング機構)の薬物検査の対象から外れることが確定。米メディアが報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

「パッキャオ―サーマン戦 7月20日に行われるイベントでVADAによる検査は行われず」と特集したのは、米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」だった。

 6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)がキース・サーマン(米国)を迎えるWBA世界ウェルター級タイトルマッチは、米放送局「FOXスポーツ」の「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ」でペイ・パー・ビュー方式で放送される。この前座3試合の1つで、ネリはパヤノと対戦することになる。

 記事では「2019年ここまでで最大のボクシングイベント」とラスベガス決戦を評価する一方で「ファンは望むものを全て叶えることができる。十分と呼べるランダムな薬物検査を除いては」と報じている。記事によると、当初はこの日の4試合でVADAが薬物検査を行う予定だったが、急遽取りやめに。ネバダ州のアスレチック・コミッションによる検査に限定されることになったという。

「理由は不透明」と報じながら「フロイド・メイウェザーによって、最初に物議を醸された薬物検査という問題に関する長年の白熱する議論の最前線にパッキャオはいつの間にか、立たされていた」と記し、40歳にしてなお強すぎるあまりに“疑惑”の声もあったことを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集