[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アデトクンボ、亡き父へ 涙の“MVPスピーチ”に米感動の嵐「本当に素晴らしい」

米プロバスケットボール(NBA)の18-19年シーズンの表彰式が24日、米ロサンゼルスで行われ、最優秀選手(MVP)にバックスのヤニス・アデトクンボが初選出された。受賞スピーチでは亡き父と家族について語り、号泣。選手、ファンも熱くなった実際のシーンを米メディアが動画付きで公開し、「本当に素晴らしい」「リスペクト」と感動を誘っている。

MVPを受賞したヤニス・アデトクンボ【写真:Getty Images】
MVPを受賞したヤニス・アデトクンボ【写真:Getty Images】

MVP初受賞で涙のスピーチ「見ての通り、ここに父はいません」

 米プロバスケットボール(NBA)の18-19年シーズンの表彰式が24日、米ロサンゼルスで行われ、最優秀選手(MVP)にバックスのヤニス・アデトクンボが初選出された。受賞スピーチでは亡き父と家族について語り、号泣。選手、ファンも熱くなった実際のシーンを米メディアが動画付きで公開し、「本当に素晴らしい」「リスペクト」と感動を誘っている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 感極まった。NBAを彩った選手が集まる式典で感動の瞬間が生まれた。今季、レギュラーシーズン勝率1位のチームを牽引し、黒のシャツに紺のジャケットで受賞スピーチに立ったアデトクンボ。内容が父の話題に及んだ途端、声を震わせ、目頭を熱くした。米ヤフースポーツによると、2017年10月に父は心臓発作で亡くなっており、スピーチのコメントも伝えている。

「父に感謝したいです。見ての通り、ここに父はいません。でも2年前、僕はリーグ最高の選手になると心に決めました。チームが勝つためならどんな犠牲も払い、MVPになってみせると決意したんです」

 こう語ったアデトクンボ。さらに、父に対する思いを明かした。「コート上に出るときはいつも、父のことを思っています。それは自分にモチベーションを与えてくれ、ハードワークするために自分を後押ししてくれました。プレーしたくないと思う時や体が疲れている時でさえ、常にプレーして正しいことをしてきました」と常に存在を力にしてプレーしていたという。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集