[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

神野大地がプロ短距離コーチと異例タッグ! 東京五輪へ決断「プロならではの挑戦」

異例の試みで、東京五輪を目指す。陸上男子長距離の神野大地(セルソース)がプロスプリントコーチの伊藤友広氏、秋本真吾氏とタッグを組んだことが分かった。マラソン選手が短距離出身のコーチから指導を受けるのは陸上界にとっても珍しいこと。9月に「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」を控える25歳が、新「チーム・神野」で夢舞台へ突き進む。

新「チーム・神野」を結成した(左から)高木マネージャー、伊藤氏、神野、秋本氏
新「チーム・神野」を結成した(左から)高木マネージャー、伊藤氏、神野、秋本氏

プロスプリントコーチの伊藤友広氏、秋本真吾氏が「チーム・神野」加入

 異例の試みで、東京五輪を目指す。陸上男子長距離の神野大地(セルソース)がプロスプリントコーチの伊藤友広氏、秋本真吾氏とタッグを組んだことが分かった。マラソン選手が短距離出身のコーチから指導を受けるのは陸上界にとっても珍しいこと。9月に「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」を控える25歳が、新「チーム・神野」で夢舞台へ突き進む。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 “山の神”と呼ばれた男が、かつてない試みで2020年を狙う。神野は3月からアテネ五輪1600メートルリレー4位の伊藤氏と元陸上ハードル選手の秋本氏とタッグを組み、すでに指導を受けているという。昨年5月からプロランナーとして活動している25歳は「これもプロならではの挑戦。やってみたいと思うことはどんどん取り入れていきたかった」と明かした。

 きっかけは自らのフォームに課題を抱えていたこと。青学大時代から山上りの5区で区間新記録を叩き出すなど、輝かしい結果を残してきたが、神野は「綺麗な走りかと言われればそうではない。もっと効率良く、楽に走れるのではないかとずっと感じていた」と言う。所属先のセルソースの関係者を通じて伊藤氏、秋本氏を紹介してもらい、指導してもらうことになった。

 伊藤氏、秋本氏は今、様々なスポーツの走り方を研究し、陸上競技で培ってきた経験をそれぞれのスポーツの走り方に落とし込んでいく走り方のコーチングのプロだ。競技引退後にスプリント指導のプロ組織「0.01スプリントプロジェクト」を立ち上げ。伊藤氏はジュニア世代を中心に全国でかけっこ教室を展開。秋本氏はプロ野球・阪神タイガースのスプリントコーチを務める一方、ソフトバンク・内川聖一、200名を超えるJリーガー、なでしこリーグの選手の走りを指導している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集