[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「触れない!」 フューリーの超絶ディフェンスに称賛続々「アリを思い出させる」

ボクシングの元ヘビー級3団体世界王者のタイソン・フューリー(英国)が15日(日本時間16日)、米ラスベガスで行われた同級12回戦のトム・シュワルツ(ドイツ)戦で2回TKO勝利を収めた。ラスベガスデビュー戦で格の違いを見せつけ、再度の世界王座返り咲きへ弾みをつけた30歳。2ラウンドに見せた、ノーガードで相手のパンチを華麗にかわす、超絶ディフェンスを米興行大手が動画付きで公開。ファンからは「クレイを思い出させる」「アリがまだボクシングをやっているなんて」などと、伝説の王者モハメド・アリを彷彿とさせるとの声が上がっている。

タイソン・フューリー【写真:Getty Images】
タイソン・フューリー【写真:Getty Images】

206センチのフューリーが超至近距離での攻防で超絶ディフェンス披露

 ボクシングの元ヘビー級3団体世界王者のタイソン・フューリー(英国)が15日(日本時間16日)、米ラスベガスで行われた同級12回戦のトム・シュワルツ(ドイツ)戦で2回TKO勝利を収めた。ラスベガスデビュー戦で格の違いを見せつけ、再度の世界王座返り咲きへ弾みをつけた30歳。2ラウンドに見せたノーガードで相手のパンチを華麗にかわす、超絶ディフェンスを米興行大手が動画付きで公開。ファンからは「クレイを思い出させる」「アリがまだボクシングをやっているなんて」などと、伝説の王者モハメド・アリを彷彿とさせるとの声が上がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 蝶のように舞い蜂のようにさす――。206センチの巨漢ボクサー、フューリーが軽やかに相手を翻弄した。

 2ラウンドだ。シュワルツにロープ際に詰められたが、ここから見事なディフェンステクニックを披露する。ノーガード状態のフューリーは左右の連打を、ロープも使ったスウェーで、体を左右に傾けて見事にかわす。左右、左右……。超至近距離なのに、シュワルツのパンチが全く当たらないのだ。

 そしてこの後、逆にロープに詰めて鮮やかなKO劇。まさに貫録を見せつけた。

 フューリーと契約する米プロモーション会社「トップランク」は公式インスタグラムに「触れない!」と驚愕をつづり、このシーンにフォーカス。映像を目の当たりにしたファンからは称賛が飛び交っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集