[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー、35歳でなお貫く「王者の矜持」 「キャリア終盤でも常に強くありたい」

男子テニスのウィンブルドンで4年連続の4強進出を果たしたロジャー・フェデラー(スイス)。今大会はフェデラー以外のいわゆる「BIG4」が敗退しており、35歳の健在ぶりが再びスポットライトを浴びている。ATP公式サイトによると、本人は「キャリア終盤でも常に強くありたいと思っている」と王者の矜持を明かしたという。

ウィンブルドンBIG4敗退の中で…王者を王者たらしめるものとは?

 男子テニスのウィンブルドンで4年連続の4強進出を果たしたロジャー・フェデラー(スイス)。今大会はフェデラー以外のいわゆる「BIG4」が敗退しており、35歳の健在ぶりが再びスポットライトを浴びている。ATP公式サイトによると、本人は「キャリア終盤でも常に強くありたいと思っている」と王者の矜持を明かしたという。

 聖地ウィンブルドンの戦いに臨んでいるフェデラーの戦績は圧倒的だ。

 1回戦のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)戦は第2セット途中で相手が棄権したが、2回戦から準々決勝ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)戦まですべてストレート勝ち。いまだにセットを1つも失っていない。

 本人は、昨年よりも順調な調整ができたことを明かしている。

「今年は昨年と比べ、ウィンブルドンに向けてより良い準備ができている。昨年、私はクレーコートシーズンの間の練習で苦労していたからね。背中と膝の問題を抱えていて、グラスコートシーズンは難しいものになった。練習時間を本当に欠いてしまった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集