[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー、35歳でなお貫く「王者の矜持」 「キャリア終盤でも常に強くありたい」

衰えぬ闘志「私は上手くプレーできていることが、ただ嬉しいんだ」

 記事では、こう語ったというフェデラー。その反省もあってか、今季は全仏オープンを含むクレーコートシーズンを全休する決断を下した。

 結果的にコンディションの良化を促し、ウィンブルドンの快進撃に繋がっている。

「私は上手くプレーできていることが、ただ嬉しいんだ。自分自身に驚いているか、って? 多分、少しはね。でも、キャリア終盤でも常に強くありたいと思っている」

 ベテランと呼ばれる年齢になっても、さらに成長していることを強調し、衰えることがない闘志を明かした。

 フェデラーが決勝進出を果たせば、1974年にケン・ローズウォールの39歳に続く、史上2位の年長記録となる。生きるレジェンドは、準決勝トマーシュ・ベルディハ(チェコ)戦で躍動するか。新たな偉業をかけ、コートに立つ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The AnswerDAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集