[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • イチロー以来の偉業なるか 超新人ジャッジに米注目「選ばれし人間に加われるか?」

イチロー以来の偉業なるか 超新人ジャッジに米注目「選ばれし人間に加われるか?」

今季のMLB前半戦の主役と呼んでも過言ではないだろう。ヤンキースの超新人、アーロン・ジャッジ外野手は衝撃的な活躍を続けている。

ヤンキース・ジャッジ、イチロー以来の新人王&MVPのW受賞へ、米メディア特集

 今季のMLB前半戦の主役と呼んでも過言ではないだろう。ヤンキースの超新人、アーロン・ジャッジ外野手は衝撃的な活躍を続けている。打率はリーグ3位の.329、打点はリーグ2位の66、本塁打はリーグトップの30本をマークし、初選出の球宴でもホームラン競争で優勝。3冠王の期待も高まる若きスターには、マーリンズのイチロー外野手以来となる偉業達成の期待がかかっている。

 米地元紙「ニューヨーク・ポスト」電子版では、後半戦の注目ポイントを特集。その筆頭に、ジャッジを挙げている。

 記事によると、オールスターこそ3打席無安打と快音のなかったスラッガーは「前半戦は良かった。でも、後半戦を楽しみにしているんだ」と前向きに話していたという。ジャッジは84試合で30本塁打を記録。ハイペースで柵越えを連発する怪物のホームラン記録にも注目が集まっている。

「彼は60本塁打を放つことができるか。もしくは最低でも55本いけるか。2006年にライアン・ハワードが58本を放って以来、誰もこれを超えていない」

 記事では、元フィリーズ一塁手、ハワードの記録した58本超えに期待する一方、自身の持つホームランの飛距離と初速の最高記録を破れるか、という数だけではなく、質にも注目が集まっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー