[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

故障続きの「BIG4」は休養すべきか 復活フェデラーは「個人的には効果的だった」

テニス男子シングルス世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)はウィンブルドン準々決勝で同7位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に6−4、6−2、7−4でストレート勝ちを収め、4強進出した。一方、同1位のアンディ・マレー(英国)と同4位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は故障の影響で敗退。かつての強さを取り戻しているフェデラーは、自身の“休養論”を明かした。米ESPNが報じた。

マレー&ジョコが故障で敗退、昨季休養のフェデラー「休息が必要な時はある」

 テニス男子シングルス世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)はウィンブルドン準々決勝で同7位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に6−4、6−2、7−4でストレート勝ちを収め、4強進出した。一方、同1位のアンディ・マレー(英国)と同4位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は故障の影響で敗退。かつての強さを取り戻しているフェデラーは、自身の“休養論”を明かした。米ESPNが報じた。

 フェデラーは、昨年のウィンブルドン準決勝のラオニッチ戦で古傷の左膝を痛めて敗戦。これをきっかけにツアー後半戦の欠場し、リオデジャネイロ五輪も参加せず、左膝などのリハビリに充てた。結果、全豪オープンで優勝を果たし、マスターズ1000の大会で2度優勝するなど、全盛期に迫る充実ぶりを見せていた。

 史上単独最多8度目となる優勝を目指す今大会も、いまだ1セットも失うことなくセミファイナルに進出。無敵の強さを見せている。芝の王者が覇道を突き進む一方、他の「BIG4」はすでに大会から姿を消した。

 準々決勝では大会前に臀部の痛みを訴えていたマレーが世界ランク22位のサム・クエリー(米国)に2−3で逆転負け、ジョコビッチ(セルビア)は同15位のトーマシュ・ベルディハ(チェコ)戦の第2セットに右肘痛で棄権。永遠のライバル、2位のラファエル・ナダル(スペイン)は4回戦でジレ・ミュラー(ルクセンブルク)と4時間48分のフルセットでの死闘の末に惜敗していた。

 フェデラーにとっても、3人の敗退は大きな出来事だったようだ。記事では、同情の念を明かしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集