[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

左腕の後ろで動きが… “残忍ホームスチール”が再生240万超反響「これは印象的だ」

米大リーグで圧巻のホームスチールが決まり、話題を呼んでいる。実際のシーンをMLBが公開すると再生回数は計240万を超え、米ファンを「信じられない!」「オドルは残忍だ!!」「すげぇ、これは印象的だ」などと虜にしている。

ルーグネッド・オドーア【写真:Getty Images】
ルーグネッド・オドーア【写真:Getty Images】

レ軍内野手が2死一、三塁から決めた本盗が話題「オドルは残忍だ!!」

 米大リーグで圧巻のホームスチールが決まり、話題を呼んでいる。実際のシーンをMLBが公開すると再生回数は計240万を超え、米ファンを「信じられない!」「オドルは残忍だ!!」「すげぇ、これは印象的だ」などと虜にしている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 そうそうお目にかかれない本盗を決めたのは、レンジャーズのルーグネッド・オドル内野手だ。9日(日本時間10日)の本拠地アスレチックス戦、5-8とビハインドで迎えた8回2死一、三塁の場面、ここから登板した左腕バクターの隙を三塁走者オドルは見逃さなかった。1-1の場面、バクターは正対する一塁走者を警戒しながら、間を取った。その瞬間、球場に歓声が起こった。

 背後でオドルが猛然とスタートを切っていたのだ。遅れて気づいたバクターは慌ててプレートを外し、本塁へ送球した。ただ、頭から突っ込んできたオドルの手が早くホームプレートに触れた。圧巻のホームスチール成功。騒然としたスタジアムの空気の中、オドルは飛び跳ねながら咆哮し、ガッツポーズを炸裂。激しく感情を爆発させ、球場全体に熱狂を巻き起こしていた。

 MLB公式ツイッター、インスタグラムは実際のシーンを動画付きで公開すると、1日あまりで合わせて240万再生を超える反響。ツイッター上の返信欄には「何人かの選手はまだ気持ちを持ってプレーしている…いいぞ」「信じられない!」「重罪レベル」「今日見た最高のもの」「オドルは残忍!!」「すげぇ、これは印象的だ」と米ファンから驚きの声が続々と上がっていた。

 2死一、三塁という失敗すれば、3アウトで絶好機を逃してしまう場面。そんな緊迫感の中で果敢にトライし、成功させるのだからあっぱれだ。試合は8-9と追い上げむなしく敗れたが、オドルの驚くべきプレーは米ファンの記憶に鮮烈に刻まれた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集