[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国で“宇野勝超え”の笑撃!? 頭で弾いたボールの行方は…米悶絶「史上最高のヘマ」

日本で有名な珍プレーを超える衝撃、いや、笑撃の珍事が、韓国で飛び出した。韓国のプロ野球・KBOリーグで、ロッテジャイアンツのシン・ボンギ遊撃手がフライを取り損ね、ヘディングしてしまうまさかの珍場面。日本では1981年8月26日の巨人-中日戦(後楽園)で中日の遊撃手・宇野勝が、同じく打球を捕球できずに頭で受けて落球したプレーが知られているが、今回は結末が違った。

KBOで起きた珍事が米国で話題に(画像はスクリーンショット)
KBOで起きた珍事が米国で話題に(画像はスクリーンショット)

遊撃手がフライを頭で受ける珍事が発生、バウンドしたボールの行方に注目

 日本で有名な珍プレーを超える衝撃、いや、笑撃の珍事が、韓国で飛び出した。韓国のプロ野球・KBOリーグで、ロッテジャイアンツのシン・ボンギ遊撃手がフライを取り損ね、ヘディングしてしまうまさかの珍場面。日本では1981年8月26日の巨人-中日戦(後楽園)で中日の遊撃手・宇野勝が、同じく打球を捕球できずに頭で受けて落球したプレーが知られているが、今回は結末が違った。海の向こうで起きた“宇野ヘディング事件”を超えるような笑撃プレーを、MLBの動画紹介サイト「Cut4」が公式インスタグラムで映像を公開し、「史上最高のヘマだ」と伝えている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手(GROWINGへ)

 思わず吹き出してしまう珍プレーの舞台は、5日に行われたKBOリーグ、ロッテジャイアンツとハンファ・イーグルスの一戦だった。3-3の8回1死走者なしという接戦の場面。守るロッテジャイアンツの投手が渾身の一球を投じた直後だ。打者は高々とフライを打ち上げる。遊撃手のシン・ボンギは中堅方向に後退し、落下点に入ってグラブを構えた。打ち取った……。平凡な飛球に投手が安心したのもつかの間、ボールはグラブをすり抜けてボンギの頭に直撃したのだ。

 痛そうな表情で背中から後ろに倒れこむボンギ。痛恨の失策かと思われた。しかし、日本の珍プレーとは異なる続きがあった。

 頭でバウンドしたボールが左翼方向へ、カバーに走りこんだ左翼手のチョン・ジュンウの正面へ。ジュンウは予想できない展開に目を丸くし驚きながらも、難なくつかみ取った。まっすぐにグラブを上げてアウトをアピール。事なきを得ると、相手打者は唖然とした表情でがっくりと肩を落とした。エラーを免れたボンギは立ち上がり、前髪を上げて額を確認。試合中にもかかわらず、心配そうに駆け寄った味方も苦笑いするワンシーンだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集