[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元3団体統一王者が陥落ジョシュアを擁護「肥満男に負けて批判が集まっているが…」

ボクシングのIBF、WBAスーパー&WBO世界ヘビー級タイトル戦(米ニューヨーク)が1日に行われ、主要3団体統一王者のアンソニー・ジョシュア(英国)が挑戦者のWBA5位アンディ・ルイス(米国)に7回TKO負け。

アンソニー・ジョシュア(左)がアンディ・ルイスに敗れる【写真:Getty Images】
アンソニー・ジョシュア(左)がアンディ・ルイスに敗れる【写真:Getty Images】

世界が驚いたヘビー級の大番狂わせに、レノックス・ルイス氏が持論

 ボクシングのIBF、WBAスーパー&WBO世界ヘビー級タイトル戦(米ニューヨーク)が1日に行われ、主要3団体統一王者のアンソニー・ジョシュア(英国)が挑戦者のWBA5位アンディ・ルイス(米国)に7回TKO負け。衝撃の大番狂わせでキャリア初黒星を喫した元無敗王者に対し、伝説のヘビー級王者レノックス・ルイス氏(英国)は「肥満男に敗れたジョシュアに批判が集まっているが…」と擁護。体重118キロのぽっちゃり新王者の実力を改めて評価している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 世紀の番狂わせの余波は広がり続けている。7回の開始30秒、無敗の王者ジョシュアが悪夢を見た。

 ルイスが猛烈な左右のラッシュを仕掛けると、ジョシュアがたまらず膝を突いた。米国人ファイターの勢いは止まず、再びラッシュを見舞ったルイスに対し、またもジョシュアが崩れ落ちた。レフェリーが試合続行不可能と判断してストップ。22戦無敗の3団体統一王者はよもやの陥落となった。

 米初上陸戦で、体重262パウンド(118キロ)のぽっちゃりファイターに圧倒されたジョシュアには批判の声が高まっていた。

 米国の名物コラムニスト、スティーブン・A・スミス氏は試合後にこんなツイートで衝撃を伝えた。

 「なんてことだ! なんてことなんだ! 全く信じられない。3つのベルトを保持していたアンソニー・ジョシュアがバター・ビーンにTKO負けをくらうなんて。アンディ・ルイスJr.とかいう名前の男だ。何たる恥辱。ジョシュアは完全なガス欠に見えた。痛みよりも疲労だ。どうしたらこんなことを起こせるんだ? 一体?」

 バター・ビーンとは体重168キロの、でっぷりとした体型で人気の格闘家。ルイスのぽっちゃりぶりを揶揄し、敗北のジョシュアをこき下ろしたが、この声に完全に立ちはだかったのはかつての3団体統一王者レノックス・ルイス氏だった。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集