[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョシュア、衝撃の陥落に宿敵ワイルダー辛辣「誰が誰から逃げていたのか!!!!」

ボクシングのIBF、WBAスーパー&WBO世界ヘビー級タイトル戦(米ニューヨーク)が1日に行われ、3団体統一王者アンソニー・ジョシュア(英国)が挑戦者のWBA5位アンディ・ルイス(米国)に7回TKO負け。衝撃の大番狂わせとなり、3つのベルトを失った。かねてから無敗対決が待望されていた宿敵、WBC世界ヘビー級王者のデオンテイ・ワイルダー(米国)は辛辣なコメントを残している。

7回TKO負けで王座陥落のジョシュア【写真:Getty Images】
7回TKO負けで王座陥落のジョシュア【写真:Getty Images】

無敗対決が待望されていたワイルダー「彼のキャリアは嘘や棚ぼたから成っていた」

 ボクシングのIBF、WBAスーパー&WBO世界ヘビー級タイトル戦(米ニューヨーク)が1日に行われ、3団体統一王者アンソニー・ジョシュア(英国)が挑戦者のWBA5位アンディ・ルイス(米国)に7回TKO負け。衝撃の大番狂わせとなり、3つのベルトを失った。かねてから無敗対決が待望されていた宿敵、WBC世界ヘビー級王者のデオンテイ・ワイルダー(米国)は辛辣なコメントを残している。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 ボクシング界も騒然の大番狂わせとなった。7回の開始30秒、ルイスが猛烈な左右のラッシュを仕掛けると、ジョシュアがたまらず膝を突いた。米国人ファイターの勢いは止まず、再びラッシュを見舞ったルイスに対し、またもジョシュアが崩れ落ちた。レフェリーが試合続行不可能と判断して試合を止め、勝敗は決した。会場は騒然となり、ジョシュアは呆然自失の表情を浮かべた。

 過去22戦無敗と最強を誇っていた王者のまさかの陥落。衝撃シーンを米メディアも動画、写真などで続々と速報しているが、ライバルとみられていたワイルダーが声を上げた。試合終了からほどなくして、ツイッターを更新した。

「彼は真の王者ではなかったんだ」とぶち上げると、さらに「彼のキャリアは嘘、矛盾や棚ぼたから成っていた」と続けたワイルダー。最後には「我々は今、誰が誰から逃げていたのか知っている!!!!」と記した。今までファン、メディアの間で待望されていたヘビー級最強の無敗対決が実現しなかったのはジョシュアが逃げていたからと言わんばかりの勢いでまくし立てていた。

 米経済誌「フォーブス」も今回のツイートに注目を寄せ、「デオンテイ・ワイルダーがアンソニー・ジョシュアの番狂わせでの敗北に反応、思いやりはなかった」と特集。「ジョシュアの敗戦から1時間もしないうちに、ワイルダーはツイッターで傷口に塩を塗った」と報じ、脚光を浴びていた。

(THE ANSWER編集部)

今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集