[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤美誠、敵地で“みまパンチ”炸裂 女王・丁寧撃破にITTF称賛「マンマミーマ!」

卓球のITTFワールドツアー・中国オープンは1日、女子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク7位の伊藤美誠(スターツ)が同1位で2016年リオデジャネイロ五輪女王の丁寧(中国)を下し、ベスト4に進出。国際卓球連盟(ITTF)は「マンマミーマ! またしても…」と金星のハイライトを動画で公開し、番狂わせへの驚きを表現している。

伊藤美誠【写真:Getty Images】
伊藤美誠【写真:Getty Images】

敵地で粘り勝ち、対丁寧は昨年11月に続く3勝目

 卓球のITTFワールドツアー・中国オープンは1日、女子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク7位の伊藤美誠(スターツ)が同1位で2016年リオデジャネイロ五輪女王の丁寧(中国)を下し、ベスト4に進出。国際卓球連盟(ITTF)は「マンマミーマ! またしても…」と金星のハイライトを動画で公開し、番狂わせへの驚きを表現している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手インタビュー(GROWINGへ)

 中国から「大魔王」の異名で恐れられる伊藤が、またも番狂わせを演じた。五輪女王・丁寧との一戦は、第1ゲームを落としたものの、第2ゲーム以降は鋭いラリーの応酬から強烈な“みまパンチ”を炸裂。ペースを握ると、第3ゲームは18-16と粘り勝ちし、4-1で白星をもぎ取った。対丁寧は昨年11月のスウェーデンオープンに続く3勝目となり、敵地で実力を証明した。

 最後は会場のファンからため息が漏れた。東京五輪でメダル争いが予想される2人の対決。ITTF公式ツイッターでは「マンマミーマ! またしても…」と、日の丸を背負う19歳の若きエースを称賛。「日本のライジングスターを見よ。ミマ・イトウが世界ランク1位の丁寧を放り出す」と記した。コメント欄にも「中国で中国選手にやるとは! マンマミーア」などと反響を集めている。

 男子シングルスでは、張本智和(木下グループ)も準決勝進出を決めている。ITTFは公式サイトでも「日本のスターたちが深センで光り輝く」の見出しで活躍を紹介。記事ではこう記している。

「答え(結果)を求められていた。ブダペストで開催された世界選手権から1か月。女子ダブルスではヒナ・ハヤタ、ミマ・イトウのペアが銀メダル、ホノカ・ハシモト、ヒトミ・サトウが銅メダルを獲得したが、日本選手たちは期待に応えられなかった。シングルスでは男女ともにメダルなし。トモカズ・ハリモト、ミマ・イトウは(メダル獲得)できなかったが、6月1日土曜日の中国オープンではやり遂げた」

 4月の世界選手権では不完全燃焼に終わった日本勢だが、敵地・中国で躍動する日本の若手に拍手を送っていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集