[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、因縁アンカハスとマカオで対面 比メディアは待望「夢の対戦求めている」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。5月30日にマカオで行われたIBF総会に出席したが、同席したIBFスーパーフライ級世界王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)との対決にフィリピンメディアは注目している。

この二人の対戦は実現するだろうか【写真:Getty Images】
この二人の対戦は実現するだろうか【写真:Getty Images】

マカオIBF総会で共に壇上に登場、フィリピンメディアは「対戦の行方」を特集

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。5月30日にマカオで行われたIBF総会に出席したが、同席したIBFスーパーフライ級世界王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)との対決にフィリピンメディアは注目している。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

「ジェルウィン・アンカハス対ナオヤ・イノウエ? マカオのIBF総会で両ファイターが出会う」と特集したのは、フィリピンのスポーツ専門メディア「ポウキャスト・スポーツ」だった。

 2016年9月からIBFタイトルを保持し、7度防衛中のアンカハスは総会でIBF年間最優秀賞に相当する「ジャージー・ジョー・ウォルコット賞」を受賞。先日のWBSS準決勝でロドリゲスを倒し、IBF王座を獲得したばかりの井上は「アジアで最も支配的なボクサー賞」を受賞。ともに壇上で表彰された。

 同サイト内のポッドキャストで公開された特集では「第36回IBF総会でナオヤ・イノウエとジェルウィン・アンカハスが対峙した。このファイトの実現を望むか? 実現すると思うか?」と焦点を絞っている。井上は強すぎるがゆえに、スーパーフライ級時代には統一戦を切望しながらも実現しなかった。バンタム級に転向し、最強決定戦「WBSS」に参加。ようやくロドリゲスとの“統一戦”が実現した経緯があった。

 同メディアは「ジェルウィン・アンカハスはしばらくの間、自分の階級にとどまっている。最長期間の防衛王者でも。昇格し、モンスター・ナオヤ・イノウエと戦うことは理にかなったことか、それとも危険な動きなのか。ナオヤ・イノウエは18戦全勝で16KOだ」とリスナーに問いかけた上で「このような戦いを見たくないというファンはいるのだろうか。ボクシングファンは常に偉大な戦いを求めている」と説いた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集