[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、4時間26分死闘の裏で残った“反省” 「一番忘れたい」と振り返った場面は?

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は31日、男子シングルス3回戦で第7シードの錦織圭(日清食品)が第31シードのラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦。6-4、6-7(6-8)、6-3、4-6、8-6とフルセットの末に破り、5年連続16強入りを決めた。

4時間を超える熱戦を制した錦織圭【写真:Getty Images】
4時間を超える熱戦を制した錦織圭【写真:Getty Images】

第2セットの第7ゲーム「今日、多分一番反省しないといけないポイント」

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は31日、男子シングルス3回戦で第7シードの錦織圭(日清食品)が第31シードのラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦。6-4、6-7(6-8)、6-3、4-6、8-6とフルセットの末に破り、5年連続16強入りを決めた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 最終セットで0-3の劣勢から見せた驚異の逆転劇で、第1コートの満員の観衆を沸かせた。だが、試合後に「その場面は一番忘れたいところでした」と振り返った場面がある。第1セットを先取して迎えた第2セット。4-2とリードして迎えた第7ゲームだった。

 自身のサービスゲームで40-0まで持ち込むも、ここから5ポイントを連続で失い、ブレークされてしまった。第8ゲームからは互いにサービスゲームをキープしてタイブレークへ。だが、錦織はこのセットを落としてしまい、勝負の流れはジェレに傾いた。

 4時間26分のフルセットを制したが、もっと早く勝負がついていたかもしれない。スポーツに「たられば」はないが、錦織が反省せざるを得ない場面だった。

「今日、多分一番反省しないといけないポイントだったかもしれません。ちょっと荒い雑なポイントが続いてしまったので、ああいうところをきっちり取っていれば、3セットで終わっていたかもしれないし、あのゲームをあげてしまったことでファイナルに行った可能性もあるので、あの場面は自分のミスが大きかったし、相次いだ。彼も良かったですけど、今日一番悔いの残るゲームではありました」

 何とか白星で締めくくったが、別の結果であれば悔やんでも悔やみきれない場面になっただろう。自分にとって命取りとなりかねないミスをいかに減らすか。4大大会初制覇のカギは、そこに隠されていそうだ。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集