[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西岡良仁を労う デルポトロの“笑顔の抱擁”に海外感動「最高の試合」「なんて写真」

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は大会5日目の30日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク72位の西岡良仁(ミキハウス)が同9位のフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)と対戦。フルセットまで追い込み、3時間46分の死闘を演じたが、7-5、4-6、2-6、7-6(7-5)、2-6で敗れた。大苦戦を強いられた格好となった対戦相手のデルポトロは試合後に西岡に対して敬意を示し、ハグで称えるシーンを画像で公開。ファンからは「最高の試合」「デルポはいつだって最高だ」などと大反響を集めている。

西岡良仁(左)はデルポトロに惜敗【写真:Getty Images】
西岡良仁(左)はデルポトロに惜敗【写真:Getty Images】

デルポトロを追い込んだ西岡の奮闘にも拍手が起きる

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は大会5日目の30日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク72位の西岡良仁(ミキハウス)が同9位のフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)と対戦。フルセットまで追い込み、3時間46分の死闘を演じたが、7-5、4-6、2-6、7-6(7-5)、2-6で敗れた。大苦戦を強いられた格好となった対戦相手のデルポトロは試合後に西岡に対して敬意を示し、ハグで称えるシーンを画像で公開。ファンからは「最高の試合」「デルポはいつだって最高だ」などと大反響を集めている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 170センチの小柄なレフティー西岡が、198センチのデルポトロを追い込んだ。フルセットまでもつれ込む激戦。最後は力尽きたが、会場からはスタンディングオベーションと「ヨシコール」が送られた。

 敬意を示したのはデルポトロも同様だった。試合後には身長差28センチの小柄な西岡を抱き寄せ、健闘を称え合った。両者は爽やかな笑顔を浮かべていた。

 この1枚を全仏オープンは公式インスタグラムで公開。西岡の健闘と、それを称えるデルポトロの姿に海外ファンは胸を打たれている様子だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集