[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、驚異の粘りでまた逆転勝ち! 2年連続3回戦進出、元世界1位アザレンカとの激戦制す

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送 )は30日、女子シングルス2回戦で第1シードの世界ランク1位・大坂なおみ(日清食品)が元世界1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に4-6、7-5、6-3で逆転勝ち。2戦連続フルセットの死闘を制し、2年連続の3回戦に駒を進めた。

大坂なおみが驚異の粘りで逆転勝ち【写真:Getty Images】
大坂なおみが驚異の粘りで逆転勝ち【写真:Getty Images】

第1セット失うも…2時間超えの新旧女王対決制す、4大大会連勝も「16」に

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送
)は30日、女子シングルス2回戦で第1シードの世界ランク1位・大坂なおみ(日清食品)が元世界1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に4-6、7-5、6-3で逆転勝ち。2戦連続フルセットの死闘を制し、2年連続の3回戦に駒を進めた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 第1セット、大坂は第1ゲームでいきなりブレークされると、通算成績は1勝1敗と五分だったアザレンカペースに。第3ゲームで再びブレークを許し、一気に4ゲーム連取された。それでも、第5ゲームで初めてサービスをキープした大坂は第8ゲームでブレークに成功。しかし、粘り及ばず第1セットは4-6で落とした。

 第2セットは大坂が意地を見せた。序盤から互いにキープする展開。第5ゲームで大坂は先にブレークを許したが、第8ゲームにブレークバックに成功。そのままタイブレークに突入かと思われた第12ゲームでデュースの末にブレークし、第2セットを奪取。2戦続けてフルセットの死闘となった。

 勢いは大坂にあった。運命の最終セット、第4ゲームでブレークし、波に乗った。すると最後まで凌ぎ切り、驚異の粘りで1回戦に続く逆転勝ち。4大大会で2回戦は通算10勝1敗だったが、全仏は2年連続3回戦にコマを進めた。

 大坂は昨年9月の全米オープンで日本人男女シングルス初の4大大会制覇。続く1月の全豪オープンを制し、世界ランク1位に上り詰めた。第1シードとして迎えた今大会は史上初のグランドスラム初制覇から3連覇という偉業もかかっている。グランドスラムの連勝も「16」となり、さらなる飛躍を期す。

【大坂の全米オープン以降の4大大会成績(カッコ内は当時の世界ランク)】

<全米オープン>
1回戦 2-0 L.シグムント(146位)
2回戦 2-0 J.グルシュコ(162位)
3回戦 2-0 A.サスノビッチ(33位)
4回戦 2-1 A.サバレンカ(20位)
準々 2-0 L.ツレンコ(36位)
準決 2-0 M.キーズ(14位)
決勝 2-0 S.ウィリアムズ(26位)

<全豪オープン>
1回戦 2-0 M.リネッテ(80位)
2回戦 2-0 T.ジダンセク(78位)
3回戦 2-1 謝淑薇(27位)
4回戦 2-1 A.セバストワ(12位)
準々 2-0 E.スビトリナ(7位)
準決 2-1 K.プリスコバ(8位)
決勝 2-1 P.クビトバ(6位)

<全仏オープン>
1回戦 2-1 A.シュミエドロバ(90位)
2回戦 2-1 V.アザレンカ(43位)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集