[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

問題児ネリ、王座復帰の道は遠い!? 米メディア分析「タイトルマッチの目処立たず」

「転級しない限り、WBCのタイトルを狙うのは最短でも2020年に」

 そして、拓真がWBC正規王者に輝き、兄のIBF・WBA王者の井上尚弥(大橋)がWBSS優勝した場合、さらなる苦境に直面することになるという。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

「イノウエ兄弟がタイトルマッチで最終的に勝利した場合、ネリは他の大多数のファイターよりも窮地に陥ることになる。メキシコの無敗ファイターは昨年3月、長期防衛に成功していたシンスケ・ヤマナカを連続KO時、相当の計量超過で日本ボクシング協会から永久追放を受けている」と報じ、続けて「不名誉な元王者は8か月前の初戦ではドラッグテストで、禁止薬物のジルパテロールが検出されていた」とも伝えている。

 山中との2試合でドーピングと体重超過のスキャンダルを起こし、日本ボクシング界から永久追放された問題児について「たとえ、ネリが指名挑戦者となったとしてもスーパーバンタム級かフェザー級に転向しない限り、WBCのタイトルを狙うのは最短でも2020年を目安としているだろう」と今後の展望について分析している。

 まさに身から出た錆とも言える不名誉な元王者の現状。過去には何度もモンスターに挑戦状を突きつけている男は今後、どんな道を歩んでいくのか。井上兄弟との対戦は実現するのか、バンタム級戦線のダークホースとなりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集