[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

土居美咲、全仏OP1回戦敗退も取り戻した「楽しさ」と感じた「次への繋がり」

全仏オープンテニスが開幕した26日、日本勢は男子シングルスで第7シードの錦織圭(日清食品)がストレートで初戦突破を決めた。その2試合後、同じ準センターコートのスザンヌ・ランランコートでは、昨年全仏準優勝のスローン・スティーブンズ(アメリカ)に世界ランク110位の土居美咲(ミキハウス)が挑み、3-6、6-7(4-7)で敗れた。

土居は昨年全仏準優勝のスティーブンズに一回戦で敗れた【写真:Getty Images】
土居は昨年全仏準優勝のスティーブンズに一回戦で敗れた【写真:Getty Images】

悩む土居を変えたプラハでの出会い

 全仏オープンテニスが開幕した26日、日本勢は男子シングルスで第7シードの錦織圭(日清食品)がストレートで初戦突破を決めた。その2試合後、同じ準センターコートのスザンヌ・ランランコートでは、昨年全仏準優勝のスローン・スティーブンズ(アメリカ)に世界ランク110位の土居美咲(ミキハウス)が挑み、3-6、6-7(4-7)で敗れた。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 土居は昨年のファイナリストを相手に第2セットに意地を見せたが、試合後「彼女のディフェンスがかなり堅く、ミスがなかったです。タイミングを速めて攻めようとしたけど、自分の中の焦りもあって難しくなってしまった」と振り返った。それでも、この日、この全仏の舞台で戦っている姿は、1年前には想像しがたいことだったという。

 2016年のウインブルドンでベスト16まで進んだ土居は、同年のリオ五輪にも出場。10月10日付けの世界ランクでは自己最高となる30位まで上がった。だが、その後は思うようなパフォーマンスと結果が残せず。2018年8月には世界ランクは328位まで落ちた。悩みながらテニスを続けていた土居を変えたのは、昨年プラハのテニスクラブで出会った、14、5歳の少女との練習だったという。

「どんなに負けていても、楽しそうに無邪気に向かってくる。その感じがすごくいいなと思って、自分の原点を思い出しました。それから、自分でもテニスが楽しいと思えるようになったんです」

 昨年は出場すら叶わなかった全仏オープンの場で、世界ランク7位の実力者を相手に、少しでも自分らしさを見せられたことは、今後につながる大きな自信につながったに違いない。

「徐々にいいプレーが出来はじめていて、チャンスがある試合ができたことは次に繋がると思います。それでも、もちろん勝ちたかったし、今は悔しい気持ちの方が大きいですね」

 心に芽生えた悔しさと、次に繋がるという手応えを持って、また次のトーナメントに照準を合わせる。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集