[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

213キロ走って「6ミリ差決着」 ツール・ド・フランスが話題「とんでもなくギリギリ」

7日に行われたツール・ド・フランスの第7ステージは、僅差すぎる僅差で決着。その差は213.5キロを走って6ミリ差という珍事が起きた。

第7ステージ、5時間以上の結末に米メディア驚き「とんでもなくギリギリの写真判定」

 7日に行われたツール・ド・フランスの第7ステージは、僅差すぎる僅差で決着。その差は213.5キロを走って6ミリ差という珍事が起きた。米USAトゥデーは「とんでもなくギリギリの写真判定でツール・ド・フランスのステージが決着する」と驚きをもって報道。仰天の「6ミリ差決着」について、大会公式ツイッターも判定写真を公開し、画像で見てもわからないほどの僅差が映し出されている。

 213.5キロを走り抜いた過酷なレースの結末は、たった6ミリ差で決着した。

 トロワからニュイサンジョルジュを目指した区間は、ゴール前まで大接戦となった。しかし、300メートル付近まで3番手につけていたマルセル・キッテル(ドイツ)が猛烈なラストスパートを仕掛ける。そして、エドヴァルド・ボアッソン(ノルウェー)の右から完全に並んでゴール。肉眼では、どちらが勝ったのか、まったく判別できなかった。

 それもそのはずだ。決着は写真判定に持ち込まれた。結果、キッテルに軍配が上がった。その差は、わずかに6ミリ差。しかし、写真判定を見ても、前輪の先端部分は全く並んでいるように見え、いかに微差だったかがわかる。

 USAトゥデーは「とんでもなくギリギリの写真判定ゴールでツール・ド・フランスのステージが決着する」と報道。「金曜のツール・ド・フランスの第7ステージはドイツのマルセル・キッテルがノルウェーのエドヴァルド・ボアッソンハーゲンを劇的な写真判定で僅かに勝った」とレポートしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集