[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ショウヘイが勝利に導く」― 131mの特大1号弾を地元紙称賛「429フィートの爆風」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)の敵地ツインズ戦に「3番・DH」で先発。3回の第2打席で待望の今季1号が飛び出した。右肘靭帯再建手術から復帰6戦目での一発は429フィート(約131メートル)の特大弾。3打数2安打2打点2四球でチームの5-4での勝利に貢献した。地元紙も「429フィートの爆風」と驚きをもって称えている。

待望の今季1号を放った大谷翔平【写真:Getty Images】
待望の今季1号を放った大谷翔平【写真:Getty Images】

復帰6戦目で出た待望アーチにロサンゼルス地元紙も喝采

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)の敵地ツインズ戦に「3番・DH」で先発。3回の第2打席で待望の今季1号が飛び出した。右肘靭帯再建手術から復帰6戦目での一発は429フィート(約131メートル)の特大弾。3打数2安打2打点2四球でチームの5-4での勝利に貢献した。地元紙も「429フィートの爆風」と驚きをもって称えている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 これぞ、ファンが、そして大谷自身が、待ち望んでいた瞬間だ。1点を追う3回、無死三塁で大谷の第2打席。3ボール1ストライクからの5球目。右腕・ベリオスの真ん中付近の93マイル(約150キロ)のファストボールを完璧に捉えた。空高く舞いがった打球は中堅バックスクリーン左に飛び込む、飛距離約131メートルの特大の逆転2ランだ。

 26打席目で出た待望の今季初アーチ。試合前のケージでのバッティング練習から快音を連発しており、予感は十分だった。米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は大谷の今季1号をこうレポートしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集