[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、ウェイド引退のヒートが指名検討か 「球団と接触した」と米紙報道

米プロバスケットボール(NBA)で6月20日に行われるドラフトのアーリーエントリーを表明したゴンザガ大の八村塁。米地元紙は今季限りで英雄ドウェイン・ウェイドが引退したヒートと接触したと報じている。

ゴンザガ大の八村塁(右)【写真:Getty Images】
ゴンザガ大の八村塁(右)【写真:Getty Images】

6月26日に行われるNBAドラフト、八村について「ヒートと接触した」と報道

 米プロバスケットボール(NBA)で6月20日に行われるドラフトのアーリーエントリーを表明したゴンザガ大の八村塁。米地元紙は今季限りで英雄ドウェイン・ウェイドが引退したヒートと接触したと報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ドラフト特集を展開したのは、地元紙「サウスフロリダ・サンセンチネル」だった。NBAは佳境を迎えているプレーオフが終われば、ドラフトのシーズンがやってくる。記事によると、2012年から2連覇を果たしているヒートはロッタリー順が確定する14日までドラフトに向けた候補選手のワークアウトを延期していると報じられている。

 現時点では、ロッタリーで当選しなければ今季成績に応じ、13番目の指名順となるヒート。レジェンドのウェイド引退という転換期を迎えた中、強豪復活を目指すチームは八村サイドとの接触を済ませたという。

 記事では「ザイオン・ウィリアムソン、ジャー・モラント、R.J.バレットのような選手はドラフトコンバインにはインタビューと身体測定のためだけに参加するだろう。ヒートと接触したゴンザガ大のロッタリーの有望株ルイ・ハチムラもこのプロセスを回避する」との情報を伝えており、ヒートの指名候補の1人に挙がっているようだ。

 高年俸のハッサン・ホワイトサイドとゴラン・ドラギッチが今季限りでオプトアウトする権利を保有しているヒート。今季プレーオフ進出を逃した強豪が、次代の逸材として八村に白羽の矢を立てるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集