[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁は不要か 現地が「フィットするとは言いづらい」と分析するチームとその理由

八村は「ロッタリーから滑り落ちる可能性もある」

 リバウンダーとしての今後の進化に注目する一方で、NBAのパワーフォワードのトレンドから指名順位が14位以下に降下する可能性も指摘している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「このストレッチフォーの時代で、彼はロッタリーから滑り落ちる可能性もある。彼はキャブスが1巡目2度目の指名権より前に指名されることになりそうだが、彼らのロースターにフィットするとは言いづらい」

 ストレッチフォーとはロングシュートの上手いパワーフォワードが、相手のディフェンスを広げ、味方の攻撃のスペースを作る役割を意味する。ロングシュートへの評価の高くない八村に対し、ドラフトでの評価が下がるリスクも紹介。その上で、キャブスの補強ポイントにはそぐわないと分析している。

 キャブスは今季イースタンカンファレンスで19勝63敗で14位に終わった。ロケットのドラフト1巡目指名権を含めて、1巡目で2選手を指名できるが、指名の可能性は低そうだと地元メディアは分析している。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集