[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗、いよいよ五輪レース初戦へ 厳しいマークにも「戦い方がわかってきた」

いよいよ、桃田の五輪レースが幕を開ける。バドミントン日本代表が8日、男女混合で行われる世界国別対抗戦「スディルマンカップ2019」(5月19~26日、中国・南寧市)の記者会見に臨んだ。会見後には、練習を報道陣に公開し、選手が取材に応じた。男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)にとっては、スディルマンカップが2020年東京五輪出場権獲得レースの初戦。「自分にとっては、最初の大会。チーム一丸となって戦って、五輪レースの良いスタートを切って、勢いに乗れたら良い」と意気込みを語った。

男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗【写真:平野貴也】
男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗【写真:平野貴也】

19日開幕、国別対抗戦「スディルマンカップ」の記者会見に出席

 いよいよ、桃田の五輪レースが幕を開ける。バドミントン日本代表が8日、男女混合で行われる世界国別対抗戦「スディルマンカップ2019」(5月19~26日、中国・南寧市)の記者会見に臨んだ。会見後には、練習を報道陣に公開し、選手が取材に応じた。男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)にとっては、スディルマンカップが2020年東京五輪出場権獲得レースの初戦。「自分にとっては、最初の大会。チーム一丸となって戦って、五輪レースの良いスタートを切って、勢いに乗れたら良い」と意気込みを語った。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 スディルマンカップは、男女混合の国別対抗戦。各国のランキングによりエントリーするレベルが分かれているが、日本は12カ国が選出された最上位のグループ1で第1シード。グループ1は、3チームずつ4組に分かれて総当たり1回戦の予選リーグを行い、各組の上位2位が決勝トーナメントに進出する。日本は、予選リーグA組で、タイ、ロシアと対戦する。試合は、男子シングルス、女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの5種目を1試合ずつ行い、3勝したチームが勝利する形式。男女で複数種目を勝たねばならず、総合力が問われる。

 大会は2年毎に開催されており、オーストラリアで開催された2017年の前回大会では、韓国が優勝。日本は、準決勝で中国に敗れて銅メダルだった。しかし、男子シングルスや混合ダブルスは、前回大会よりも出場選手の世界ランクが大幅に上がっており、今大会では、過去15大会中最多10度の優勝を誇る中国と並ぶ優勝候補となる。

 男子シングルスのエースとして臨む桃田は「全種目でコツコツとランクを上げていかなければ、第1シードにはなれない。すごいことなので、誇りを持って臨みたい。(日本の)メンバーを見ても(優勝候補の)最有力じゃないかというイメージ。自分が大事なところで勝てれば、優勝も夢ではない。出させてもらえる試合は、全部勝ちたい」と初優勝にかける思いを話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集