[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 20歳芝田、8強で散る 女子は中国勢に10戦全敗で終戦 男子はエース水谷も敗退

20歳芝田、8強で散る 女子は中国勢に10戦全敗で終戦 男子はエース水谷も敗退

卓球のオーストラリアオープンは6日、女子シングルス準々決勝で世界ランク53位の20歳・芝田沙希(ミキハウス)がグ・ユティン(中国)に0-4で敗戦。4強進出はならず、今大会の日本女子は中国勢に10戦全敗となった。

豪州OP女子単準々、快進撃の芝田が0-4で完敗…女子は中国勢に全敗で後半戦に課題

 卓球のオーストラリアオープンは6日、女子シングルス準々決勝で世界ランク53位の20歳・芝田沙希(ミキハウス)がグ・ユティン(中国)に0-4で敗戦。4強進出はならず、今大会の日本女子は中国勢に10戦全敗となった。

 第1ゲームを7-11で先取されると、第2ゲームを9-11、第3ゲームを5-11で取られ、最終ゲームも9-11でストレート負け。芝田は初戦で世界ランク4位のフォン・ティエンウェイ(シンガポール)を4-2で破る金星をマーク。一躍脚光を浴びたが、今大会初顔合わせの中国選手に屈した。

 日本女子にとっても中国勢に力負けした。

 1回戦では石川佳純(全農)、平野美宇(エリートアカデミー)、伊藤美誠(スターツSC)、佐藤瞳(ミキハウス)という日本の世界ランク最上位の4人が中国勢に敗戦。国際卓球連盟(ITTF)は「日本女子にとって散々な日に」と報じていたが、続く2回戦でも早田ひな(希望が丘高)ら4人、この日の準々決勝でも塩見真希(四天王寺高)が世界ランク2位の朱雨玲に0-4で敗戦。快進撃を演じていた芝田も勝てず、今大会は中国勢に対して10戦全敗となり、日本勢全12選手が8強までに姿を消した。

 今大会はワールドツアーの上半期最終戦。今季の後半戦に向け、課題を残す結果となった。

 また、男子シングルス準々決勝ではエース・水谷隼(木下グループ)、吉田雅己(協和発酵キリン)はともに敗れた。この後の準々決勝には松平健太、大島祐哉(ともに木下グループ)が登場する。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー