[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

211cmアデトクンボを弾き飛ばす “屈辱ブロック”に米興奮「バックスに恥かかせた」

米プロバスケットボール(NBA)は28日、プレーオフ準決勝で東カンファレンス第4シードのセルティックスは第1シードのバックスに112-90で快勝し、第1戦を制した。なかでも、盛り上げたのはセルティックスのアル・ホーフォードだ。バックスの怪物ヤニス・アデトクンボにゴール下で強烈ブロックを炸裂。そのままコートに仰向けに弾き飛ばす屈辱的な美技をNBAが動画付きで公開し、「ボストンがミルウォーキーに恥をかかせた」などとファンを盛り上げた。

ヤニス・アデトクンボ(右)とアル・ホーフォード【写真:AP】
ヤニス・アデトクンボ(右)とアル・ホーフォード【写真:AP】

ホーフォードが完璧ブロック、アデトクンボは無残にコートに仰向け

 米プロバスケットボール(NBA)は28日、プレーオフ準決勝で東カンファレンス第4シードのセルティックスは第1シードのバックスに112-90で快勝し、第1戦を制した。なかでも、盛り上げたのはセルティックスのアル・ホーフォードだ。バックスの怪物ヤニス・アデトクンボにゴール下で強烈ブロックを炸裂。そのままコートに仰向けに弾き飛ばす屈辱的な美技をNBAが動画付きで公開し、「ボストンがミルウォーキーに恥をかかせた」などとファンを盛り上げた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ペイントエリアに君臨した。第3クォーター、セルティックが70-60とリードして迎えた残り5分。相手エース・アデトクンボが中央でボールを受けると、一気に3Pエリア外から侵入。これにマッチアップしたのがホーフォードだ。ゴール下まで行かれたが、ジャンプシュートは味方のテイタムと懸命に跳び上がって防ぐ。それでも、再び強引にレイアップに来た次の瞬間だ。

 ホーフォードも負けじと跳び上がり、右手一本で完璧にブロック。弾き飛ばされたアデトクンボはコートに仰向けに倒れた。ホーフォードの決死のブロックシーンをNBA公式インスタグラムは「アル・ホーフォードがセルティックスのペイントを死守!」とつづり、動画付きで公開。目の当たりにした米ファンも喝采を上げている。

「ボストンがミルウォーキーに恥をかかせた」「最も過小評価されているディフェンダー」「ホーフォードが、父親が息子にバスケを教えるように、ヤニスを扱う」「ビッグ・アルがビッグプレー」「グリーク・フリーク? 問題ないよ」「なんてこった」などと大盛り上がりだった。

 チームとしてもアデトクンボを封じ込め、逆にホーフォードは20得点11リバウンド3アシスト3ブロックと大暴れ。ペイントエリアを死守した男がチームに価値ある勝ちをもたらした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集