[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、“神の子”ウォードが世界5傑認定 軽量級唯一「これが私のPFP10傑だ」

ボクシングWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は5月18日にスコットランド・グラスゴーで行われるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。パウンド・フォー・パウンド(PFP)最強と呼ばれ、32戦全勝の全盛期に現役引退した元世界ライトヘビー級3団体統一王者、アンドレ・ウォード氏は自身のPFPをこのたび発表。数々の猛者を差し置き、井上を堂々の5位に選出している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

元PFP最強ウォードが独自PFP公表、井上は堂々5傑入り、6位以下も猛者ばかり

 ボクシングWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は5月18日にスコットランド・グラスゴーで行われるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。パウンド・フォー・パウンド(PFP)最強と呼ばれ、32戦全勝の全盛期に現役引退した元世界ライトヘビー級3団体統一王者、アンドレ・ウォード氏は自身のPFPをこのたび発表。数々の猛者を差し置き、井上を堂々の5位に選出している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 2004年アテネ五輪ライトヘビー級で金メダルを獲得し、無敗のまま王者となり、2017年9月にPFP1位のまま現役引退したウォード氏。「Son Of God(神の子)」の異名で知られたレジェンドは自身のツイッターを更新した。「これが私の現在のP4Pトップ10、意見が欲しい! 同意するか、否か」というメッセージとともに、神の子が認めた現在の17階級で最強の10人を選出した。

 1位は元世界スーパーライト級4団体統一王者で、WBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)。2位は世界ライト級2団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、3位は世界3階級制覇王者のカネロ・アルバレス(メキシコ)、4位は世界クルーザー級4団体統一王者のアレクサンドル・ウシク(ウクライナ)とそうそうたる顔ぶれが並ぶ。

 それに続き、5位に「Naoya Inoue」を選出している。今回のPFPでは軽量級唯一の選出となった井上。WBSSでも優勝候補本命とされるモンスターは、かつての最強王者にも世界5傑の実力と認められている。なお、井上が従える格好の6位以下も、いずれも猛者ばかりだ。

6位 アンソニー・ジョシュア(英国=世界ヘビー級3団体統一王者)
7位 デオンテイ・ワイルダー(米国=WBC世界ヘビー級王者)
8位 エロール・スペンス・ジュニア(米国=IBF世界ウェルター級王者)
9位 マイキー・ガルシア(米国=元世界4階級制覇王者)
10位 マニー・パッキャオ(フィリピン=6階級世界王者)

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集